発展途上人のMEMORANDUM

  発展途上のしょぼい人生を、戒めとしてここに記す。

① 独学で来年度の司法書士試験の合格を目指してみる。

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

 

タイトルのとおり。今年10月から勉強を開始して、独学にて、来年度の司法書士試験の合格を目指す。 

 

資格試験を志す理由は何かに熱くなりたかったから

 

いきなりなんだという感じだけど、メモ的な感じで生い立ちを記したい。

自分の勉強スタイル

正直、僕は要領が良くないタイプだ。大学受験の時も、がむしゃらに努力をして何とか第一志望の大学に合格した。

皆さんは「ドラゴン桜」という漫画をご存じだろうか。

この漫画はひょんなことからバカ高校に関わることになった凄腕弁護士が、ありとあらゆる手を尽くして東大合格を目指させる、というストーリーなのだが、その「あらゆる手」の一つに「スパルタ勉強合宿」という勉強法が存在する。

☟「スパルタ勉強合宿」の勉強スケジュール。1日16時間という常人には耐えられない驚異の勉強法。こんな教師訴訟待ったなし。

f:id:datsumu:20170927181916p:plain

学力を含め、人間的にあまりにもアホだった僕はバカの一つ覚えみたいに「これだけ勉強すればどこにだって合格できるんだ!!」と真に受け、同様のスケジュールで、本当に一日15・6時間勉強していた。

こんな要領だけでなく、とんでもなく頭も悪そうな僕が司法書士試験に一年で合格出来たら、「努力で人はどうにでもなれる」ということが証明出来るのではなかろうか。

f:id:datsumu:20170927182058p:plain

 

司法書士試験を受験する理由

 

正直、司法書士でなければいけない積極的な理由はない。会社員として働いてみて、何となく専門性が欲しいと思ったから。

強いて挙げるなら、渉外業務・成年後見人業務には興味があるかも。その程度。

ただ、司法書士になってから何をしたい、っていうのは結局他人を安心させるためのものでしかないんだよね。なってみないと業務内容とかも詳細には分からないわけだし。

今何をしたいか決まっていない以上は、僕は声を大にして「肩書のため」に資格取得を目指していると公言したい。

 

法律学習経験

 

大学時代、法学部に所属していたが、政治学科だったし、六法を開いたのは法学の試験日当日1回だけ。

しかも六法の余白に試験問題の回答を貼り付け、こそこそとそれを見ながら解く、という最低な行為のための使用であり、法律家に求められる倫理観とまさに対極にいる学生だった。

ということで、実質法律の勉強は0からのスタートということになる。

 

必要になりそうな勉強時間の考察

 

司法書士試験を目指すにあたって、いろいろな情報を漁ってみた。

沢山の記事で勉強時間が解説されているみたい。

 

①こちらはAll Aboutの記事。一発合格者の平均的な学習時間は3000時間とのこと。

allabout.co.jp

 

②こちらはCareer Gardenの記事。一発合格者の平均的な学習時間は1400時間とのこと。振れ幅大きすぎだろ。

careergarden.jp

 

③最後に、僕が使用する司法書士試験対策の参考書(「オートマシステムシリーズ」の著者山本浩司先生の勉強時間。

山本先生は専業受験生で、1800時間で合格をしたとのこと。

(この勉強時間については、以下の本に記載あり。その他、受験生時の集中力について武勇伝的なことも書いてあって面白い。)

こんなにおもしろい司法書士の仕事

こんなにおもしろい司法書士の仕事

 

山本大先生は最高学府東京大学法学部出身とのことなので、足元にも及ばないちんちくりんな僕は相当勉強時間をプラスする必要がありそう。 

 

導き出される勉強時間

 

何も論理的に導き出されている訳ではないんだけど、大体2500~3000時間ぐらい確保出来れば何とかなりそうかなぁ、という感想を持った。(山本先生と僕との差が700時間で埋まるとは到底考えてはいない。)

なのでとりあえず試験までに2500時間の勉強時間を確保するつもりで予定を立ててみて、模試とか受けて必要なら軌道修正していこうと思う。

 

使用テキストについて

 

使っていくテキストは先述の「オートマシステムシリーズ」テキストと問題集。

司法書士 山本浩司のautoma system (1) 民法(1) (基本編・総則編) 第5版

司法書士 山本浩司のautoma system (1) 民法(1) (基本編・総則編) 第5版

 

 

司法書士 山本浩司のautoma system オートマ過去問 (1) 民法(1) 2017年度

司法書士 山本浩司のautoma system オートマ過去問 (1) 民法(1) 2017年度

 

 

このテキストを使う理由は、やはりその評判の良さ。司法書士の受験を決意してからいろんなブログとかめちゃくちゃ調べたけど、独学するのにこのテキスト以外を推薦しているブログはほとんどない。

中には、このテキストが出来たから司法書士試験の独学での合格が可能になったという記述があったりとか。

正直前知識が無い僕はネットの情報を鵜呑みにするしかないので、もうこのテキスト及び山本大先生を信じてやっていきたいと思っている。

 

今後の方針

 

必要な勉強時間から考えてみると、

2500時間 ÷ 273日(10月1日から試験日まで日数)= 9.2時間/1日は確保しないときつい。

急に弱気になってきて吐きそう。

 

今後については、気が向いたタイミングで、その時々の合計の勉強時間と学習内容を報告する、完全に自己満足のブログ更新をしていきたいと思っている。

 

追記:現在までの記事

 

www.hatten-tojyo.com

 

www.hatten-tojyo.com

 

www.hatten-tojyo.com

 

www.hatten-tojyo.com

 

www.hatten-tojyo.com

 

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村